【THE CLAN】ダージリンセカンドフラッシュ2022飲み比べ!キャッスルトン&マーガレッツホープ

レビュー

こんにちは、Mii(みぃ)です!

今回は、THE CLAN2022年 ダージリンセカンドフラッシュ(夏摘み)をレビューします!

ダージリンでも最も有名な茶園「キャッスルトン茶園」と、日本でも人気の名園「マーガレッツホープ茶園」の2種類の茶葉を比較してみます。

今年のセカンドフラッシュはどこで買おうか迷ったのですが、今回はせっかくなので、初めて利用する紅茶専門店「THE CLANで購入してみました!
今年できたばかりの新しいブランドなので、そちらも合わせてご紹介しますね!

YouTubeでも紹介しているので、こちらの動画もご覧ください!

「Miiのお茶会チャンネル」では毎週金曜日に、紅茶に関する動画をアップしています。

気になる紅茶のレビュー動画をたくさん投稿しているので、ぜひチャンネル登録してください♪

【こちらの記事もオススメ!】
2022年ダージリンファーストフラッシュ(春積み)4種飲み比べ

スポンサーリンク

ダージリンセカンドフラッシュとは?

そもそもダージリンとは?

インド ダージリン地方の茶畑

ダージリンは、中国のキームン、スリランカのウバと並び、世界三大銘茶に数えられる紅茶のひとつです。
インドの北東部に位置するダージリン地方で収穫され、独特の香りや味わいから、「紅茶のシャンパン」とも呼ばれています。

セカンドフラッシュとは?

ダージリンは春・夏・秋の年に3回 旬を迎え、その収穫時期によって茶葉の色や水色(すいしょく)、香り、味わいが大きく異なり、それぞれ全く違った味わいを楽しめるのが大きな魅力です。

3月〜4月頃の、春にとれた茶葉はファーストフラッシュ
5月〜6月頃の、夏にとれた茶葉はセカンドフラッシュ
10月〜11月頃の、秋にとれた茶葉はオータムナル
と呼ばれています。

その中でもセカンドフラッシュは、別名「紅茶の女王」と称えられており、マスカテルフレーバー」と呼ばれる、マスカットのような爽やかな風味が感じられるのが魅力の紅茶です。

スポンサーリンク

THE CLANとは?

THE CLANは2022年6月にオープンしたばかりの、オンライン紅茶専門店です。

茶葉本来の風味を楽しめる上質な紅茶を届けたいという思いから、シングルオリジンの茶葉を中心に販売しています。
現在、茶葉は30gから、ティーバッグは10包から販売しており、少量から購入できるので、初めて飲む紅茶も手軽に試すことができるのも魅力の一つです。

また、上質な紅茶をより美味しく楽しんでほしいという思いから、ホームページ等では、分かりやすい紅茶の淹れ方や、フードペアリングなども細かく紹介しています。

THE CLANのペアリング紹介ページ

特にペアリングに関しては、スイーツ・パン・料理などのジャンルごとにペアリングを紹介しており、スイーツだけもケーキ・洋菓子・和菓子、さらにチーズケーキ、ショートケーキ…と、かなり細かく分類されている様は、もはや紅茶のペアリング辞典といっても過言ではないくらいです。

このページを眺めているだけでも、シングルオリジンの紅茶を最大限に楽しんでほしいというこだわりが伝わってきますね。

THE CLAN オンラインショップはこちら

スポンサーリンク

商品情報

左:キャッスルトン 右:マーガレッツホープ

今回はこちらの2種比較ですが、他にも試してみたい茶葉があったので、いくつか購入しました。
その際、各茶葉についての詳細な紹介カードが同封されてくるのですが、それがこちらです。

名刺サイズの小さいカードですが、オススメの飲み方やペアリングまで記載があります。
こういった情報はホームページにも記載はありますが、分かりやすくてすぐ確認できるので、カードがついてくると嬉しいですね!

スポンサーリンク

商品レビュー

茶葉の違いを比較

茶葉の見た目

どちらもシルバーチップが含まれていますが、キャッスルトンに比べ、マーガレッツホープの方が多く含まれています。

茶葉の香り

キャッスルトン…香り自体は強くはない。香ばしいけど、どこかスッキリした香り。
マーガレッツホープ…香りは強い。香ばしい香り。

ちなみに、マーガレッツホープは「CL-TIP=クローナルティッピー」という高いランクの茶葉を使用しています。

通常、種から苗木を育てて作った品種とは違い、クローナルは、風味が優れているものや、病気や寒さに強い品種を選んで枝を切りとり、その枝を土に挿して根付かせる、いわゆる「挿し木」でクローンのように栽培した品種をいいます。

クローナル種 イメージ

クローナルのほどんどは他の茶葉とブレンドされて出荷されるのですが、こちらのように上質な品種として栽培されたものは、花のように甘い香りと、繊細な風味が特徴です

水色

水色はどちらも、オレンジがかった茶褐色です。

香り

キャッスルトン

ダージリンの甘い香りはしばしば「花のような香り(フラワリー)」「果実のような香り(フルーティー)」に分類されることが多く、こちらのキャッスルトンのセカンドフラッシュはフルーティーな香りがすると言われているのですが、淹れたての香りだけ嗅ぐと、濃厚な甘い香りがまるでフルーツというよりはちみつのようです。

マーガレッツホープ

フラワリーで、みずみずしく爽やかな甘い香りです。
花のような香りにもいろいろあり、バラのように濃厚で華やかな香りもあれば、すずらんのようなみずみずしい爽やかな香りもありますが、こちらは後者のような、爽やかな甘さのある優しい香りです。
この爽やかな甘さは、「ハーバル」とも例えられることもあります。

味わい

キャッスルトン

フルーティーな甘さと爽やかな渋みが特徴的な美味しさ!

ダージリンセカンドフラッシュ特有のマスカテルフレーバーがしっかりと感じられます。
マスカットというより、りんごのような優しい甘みと爽やかさです。

初めに甘み、次第に塩みが広がっていき、最後は穏やかな渋み…と流れるように味わいの変化を楽しめます。

オススメ度:★★★★★

今の暑い時期には、アイスティーにもオススメ!

ホットに比べて爽やかな渋みが際立ち、甘みや香りが若干抑えられています。
フルーティーな風味と甘い香りが好きなので、それが前面に出ているホットのほうが好みですが、アイスティーでも美味しくいただけました。

マーガレッツホープ

キャッスルトンに比べて、渋みが控えめで後味スッキリです!

最初に塩みが感じられるので、セカンドフラッシュの「旨み」や「芳醇さ」といった特徴をしっかり味わうことができます
また、シルバーチップが多く含まれているためか、スッキリした甘みとまろやかな口当たりが飲みやすく、リッチな味わいです。
キャッスルトンが「フルーティー系」だとすると、マーガレッツホープは「ハーバル系」といった風味の違いがあります。

オススメ度:★★★★★

アイスティーにすると、ホットに比べて、芳醇さや塩味、スッキリした甘みが際立って、また違った美味しさが味わえます。
キャッスルトンに比べて渋みが少ないので、アイスティーにするならマーガレットホープのほうがオススメ!

ちなみにマーガレッツホープは、昨年のセカンドフラッシュのティーバッグがオマケでついてきたので、2021年と2022年で飲み比べをしてみました。

2021年のマーガレッツホープ ダージリンセカンドフラッシュは、2022年に比べて香りが少し甘く、風味が若干フルーティー寄りでした。
キャッスルトンほどではないですが、味も若干甘めです。

こちらも美味しかったのですが、よく言えば中間、悪く言えばどっちつかずという感じだったので、2022年のほうが好みです。

おすすめペアリング

キャッスルトン

紹介カードによると、クリームパン、たまごサンド、きのこのパスタなど、乳製品が使われたフードがオススメのようです!

程よい渋みがあるので、渋みの元であるタンニンが乳脂肪分を分解して、お口の中をスッキリさせてくれるため、相性がいいんですね!

マーガレッツホープ

こちらも紹介カードによると、カスタードのプリン、マスカットのスイーツ、クリームチーズなど、同じく乳製品系のフードがオススメです!

こちらはキャッスルトンに比べて甘みが少ないので、逆に甘みを補ってくれるようなスイーツを合わせると、フードと紅茶のバランスがよさそうですね!

スポンサーリンク

まとめ

オススメ度
キャッスルトン:★★★★★
マーガレッツホープ:★★★★★

同じダージリンセカンドフラッシュですが、キャッスルトンはフルーティーな甘み、マーガレッツホープはハーバルな爽やかさといった対比が特徴的なセカンドフラッシュでした!

また、今の時期だとアイスティーにすることも多いですが、アイスティーにするなら渋みの少ない茶葉の方が失敗しにくく、スッキリ飲めるので、アイスティーにするならマーガレッツホープがオススメです!

茶園ごとに結構違いが出るので、香りや風味の違いを知って、自分の好みに合った茶葉選びができると楽しいですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました